観光案内|高原の宿 志ん屋

観光案内


↑タップで拡大されます↑

城崎温泉

開湯1300年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめる。この「外湯めぐり」は温泉街の旅館に泊まると無料になるしくみで、浴衣姿でのそぞろ歩きが楽しめる。

香住

冬の松葉ガニで有名な香住に湧く温泉。香住温泉をはじめ余部温泉、柴山温泉、佐津温泉、矢田川温泉などが点在している。香住付近の海岸には美しい眺めの場所がとても多く、夏は海水浴で賑わう。日本一の高さを誇る余部鉄橋も有名である。

竹野

山陰随一の海水浴場として毎年多くの海水浴客でにぎわう。日本の水浴場88選、日本の渚百選のひとつとして、選ばれている。

湯村温泉

兵庫県と鳥取県との県境近くの春木川沿いに湧く城崎温泉とも並ぶ山陰の名湯。発見は嘉承元年。慈覚大師によるものと伝わる古湯でもあり、最近では夢千代の湯としても有名。中心の荒湯源泉では98度の高温の湯が毎分470Lも湧出し、この豊富な高温の湯をつかった温泉卵や足湯などが楽しめる。

出石

出石は古事記・日本書紀にもその名があらわれ、垂仁天皇の時代に新羅の王子・天日槍命が帰化して開いたといわれている。中世には、西国に勢威をふるった守護大名・山名氏の本拠地として栄えるとともに、近世には五万八千石の但馬の雄藩として繁栄した。今なお昔ながらの面影をいたるところに残し、「但馬の小京都」と呼ぶにふさわしい情緒と雰囲気が漂っている。

竹田城跡

出石は古事記・日本書紀にもその名があらわれ、垂仁天皇の時代に新羅の王子・天日槍命が帰化して開いたといわれている。中世には、西国に勢威をふるった守護大名・山名氏の本拠地として栄えるとともに、近世には五万八千石の但馬の雄藩として繁栄した。今なお昔ながらの面影をいたるところに残し、「但馬の小京都」と呼ぶにふさわしい情緒と雰囲気が漂っている。

兵庫県立但馬ドーム (歩いて3分)

開閉式屋根を持つ全天候型多目的ドーム。
個人でも施設利用が出来ます。

八反の滝 (歩いて3分)

神鍋高原を縦断する稲葉川。
滝が非常に多いんです。
その中のひとつ「八反の滝」
高原を散策しながら滝めぐりもいいかも

神鍋温泉 ゆとろぎ(車で3分)

緑に囲まれた広大な敷地に様々な温泉施設がいっぱい。
散策気分で楽しめる温泉リゾート

大岡ゴルフ倶楽部(車で10分)

但馬連山の美しい山並み、歴史を感じる針葉樹、落葉樹にセパレートされ自然の地形と池を配し、スリリングなプレイが楽しめる特徴のあるコースです。

スキー

アップかんなべ(最寄り)

http://www.kannabe.co.jp/

万場スキー場

http://www.manba-ski.jp/

奥神鍋スキー場

http://www.okukan.com/

ページの先頭へ戻る