2019年、若旦那の活動

若旦那の取り組み

2019年、大きな事業を行いました。

新年も明けてだいぶ経ちました。
2019年、ブログが滞っており申し訳ございません。

昨年、若旦那である私がしていた活動について少しお話をさせていただきます。

3年前より全国組織である「商工会青年部」に入部しております。
私が入っているのは正式には「豊岡市商工会青年部日高支部」です。

そういう組織かと簡単に申し上げると、
・40歳(全国的には45歳)までの経営者や後継者が入る組織
・自身の経営力向上と地域への貢献を主に活動する組織
です。
その、地元である豊岡市日高町の支部に属しているという形です。
そこで私は令和元年度、経営委員長をしておりました。
委員会内で考えた勉強会や事業などを構築していきます。

植松努氏の話

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

突然ですが、植松努さんをご存知でしょうか。

株式会社植松電機 代表取締役
株式会社カムイスペースワークス 代表取締役
NPO法人北海道宇宙科学技術創成センター(HASTIC) 理事
2014年に出場されたTEDxSapporoでは、思うは招くをテーマにスピーチを行い、その感動的な講演が反響を呼び、現在ではyoutubeでの再生回数が412万回再生を突破。
現在では全国各地での講演やモデルロケット教室を通じて、人の可能性を奪う言葉である「どうせ無理」を無くし、夢を諦めない事の大切さを伝える活動をしています。

植松さんを一躍有名にしたのがこの動画。
TEDxSapporoでの「思うは招く」スピーチです。

当時、私も何かのきっかけでこの動画に出会い、植松さんのお話に感動し、勇気をもらいました。

植松努氏講演会in日高を計画


商工会青年部で地域の将来のために活動している私は、
・植松さんの話を地元の日高町で聞きたい。
・特に、若い世代である学生に聞いて欲しい。
・地域の将来を担う学生たちの夢の応援を私たち大人がしてあげたい
という一心で、講演会を企画しました。

ただし、ただでさえ有名な方が北海道から兵庫県のど田舎お越しになることは、やはりそれなりの費用もかかります。チケットを予定枚数売り上げないといけません。
ただし多くの学生に聞いてもらいたいと思い、学生は無料としました。
そして講演会は私もですが商工会青年部としても初めての経験。
運営に対する課題も多く、悩みに悩んだ日々を送っていました。

それでも、いろんな方々が応援してくれてなんとか頑張ってきました。

11月17日、迎えた当日

不安ながらも迎えた当日。

第一部、豊岡市内の高校に通う学生による自分の夢のプレゼンテーション。
若いのにしっかりとした学生のみんなが、素晴らしい発表をしてくれました。
みんなたくさん練習してくれたと思います。熱い気持ちが会場中に伝わりました。

第二部、植松努氏講演会
動画では20分の「思うは招く」の話を、120分たっぷりと。
やはり、思っていた通り、植松さんの話は素晴らしく、僕たちを勇気づけてくださいました。
この講演会までのことを思い出しながら、途中で感極まってしまいました。

多少のトラブルはありながらも、なんとか進行することができました。
そして、当初の予定を上回る人数のお客様にお越しいただくことができました。

いただいたアンケートには

学生のプレゼン、心を打つものがありました。涙が止まりませんでした。
親が思う以上に考えていることがわかりました。植松さんのお話楽しくわかりやすく聞くことができました。たくさんの印象に残る言葉がありよかったです。

いつか長男が子供に関わる仕事についた時に、今日の植松さんの話や言葉を思い出してくれることと願っています。本当にありがとうございました。とてもよかったです。

など、たくさんの嬉しいお言葉をいただくことができました。

1年をかけて学んだこと

植松さんの「思うは招く」というスピーチ。
夢を大切に。思っていたら叶うよ。
人の自信や可能性を奪わない世界にしようね。
というお話です。

今回の企画も反対されることもありました。
失敗をたくさん重ねました。辛いこともありました。

それでも、僕は植松さんがこの日高町で、みんなの前で話してくれる。
それを地元に人たちや学生が聞いて、感動する。

そんな時間を作ることが私の夢でした。
そして、実現することができました。

これは私にとっての、一つの自信につながりました。

なかなかできない経験をさせていただいたこと、大変ありがたく思います。

 

長々と申し訳ございません。
お客様の中でも、そんな経験をされたり、悩んだりしている方がいらっしゃったら、
よかったらお話しましょう。
思うは招きます。

志ん屋
TEL:0796-45-0028
↑ スマホからタップすると電話電話できます

住所:兵庫県豊岡市日高町名色1572
↑ タップでGoogleマップへ

 

 

The following two tabs change content below.
志ん屋の後継。 高校まで豊岡市で過ごし、大学進学とともに神戸へ。大学、就職を経験し、地元である神鍋にUターン。 その後、旅行会社に就職し、営業や添乗員などの仕事をする。 30歳を機に家の仕事をつぐ。 趣味は音楽鑑賞、ライブ鑑賞。

コメント

タイトルとURLをコピーしました